あきらめない。

雪が散らつく中、ポスターを貼り替えたところです。
ご近所の奥さんが犬の散歩をしながら、お声をかけてくださいました。いつも最新版を楽しみにしてくださるようです。

「困難があっても、あきらめることなく前に進む。」という思いで掲げさせていただきました。

IMG_0314

ダイバーシティ

岐阜市の東部にある天衣寺(てんねいじ)までお伺いしました。
25年ぶりにお参りさせていただきました。こちらは、女性僧の修行道場です。若い尼僧さんと上席と思われる先輩格の尼僧さんをお見かけしました。

きれいに掃き清められていました。本堂の正面に立つと、以前お手伝いしていたお寺の本堂の型がよく似ています。
同じ臨済宗のお寺でも、地域ごとにオリジナリティがあるようです。

ダイバーシティという言葉をよく耳にします。お寺の世界も、いろいろな構造が重なりあって形成されていることを感じておりました。

IMG_0295

弘法大師

岐阜市鏡島の鏡島弘法というお寺にお参りに行きました。

母は真言宗のお寺の生まれで、弘法大師を慕っております。高野山に何度もお参りに行きました。近いところに、弘法大師のお寺があるというので、お参りさせていただくことになりました。

梅がきれいに咲いておりました。弘法大師を慕って、多くの方がお参りされていました。

こちらのお寺の宗派は、うちと同じ臨済宗妙心寺派です。超宗派という営みが、以前から継続されていたことは感慨深い思いです。

IMG_0304

春の訪れ

立春が過ぎて、お寺の梅が咲き始めました。
春の訪れを、いち早く教えてくれます。

IMG_0013

生きていく価値

「フリースタイルな僧侶たち」というフリーマガジンが届きました。
今号は、大学かつ住職塾の先輩である浦上哲也さんの活動が取り上げられています。
「いざ自分が死の淵に立ったとき、どのような心境になるのか。」という「死の体験旅行」は一度参加させていただき、かえって生きていく価値を見出したものです。

今号をお配りして、多くの皆さまにお知らせしたいところです。

 

きさらぎ

如月(きさらぎ)に入りましたが、氷点下の寒さで身が震えて、重ね着をしております。「着更着」という意味が込められているのかもしれません。

明後日の節分に向けて、ポスターを貼り替えました。鬼を追い出すわけではなく、「鬼とともに厄払いをして福を呼び込もうという。」いう願いをこめております。

IMG_0012