大寒

二十四節気の大寒の名のように、寒くて雪の降る日となりました。


青空が出てくると、春が近づいているのを感じます。

雪が散らつく中、きれいな月が夜空を照らしています。
この寒さも、もう少し我慢すれば、和らいでくることでしょう。

今年も皆様から年賀状をいただき、感謝しております。
年賀状を送ることが少なくなりましたが、いただくと新年の喜びを実感します。
年賀状の当選番号を確認するのは、昔は亡き祖母がしておりました。今では、母が確認しております。

外出先から帰ると、雪の残る中、樹木葬墓地にはお花が手向けられていました。

本堂の屋根には雪が残っています。
しばらくは寒い日が続きます。

寒い中、お墓参りにお越しくださる方がおられました。またご遠方からお客さまがお越しくださいました。

毎日どなたかが足をお運びくださり、感謝しております。

雪が降り続いています。
一昔前は、隙間から風が入ってガラス戸がガタガタ揺れたものです。
かつての悩みが解消されて、一安心です。

毎年成人の日に行なう大般若祈祷会を、住職一人で勤めさせていただきました。
不安な世の中に光が差してくるようにと願うばかりです。

本堂内を掃除しました。
コロナ禍で大きな行事を控えています。毎日どなたかがお参りくださり、手足を休めることはできません。

樹木葬墓地には、お花が並んでいます。
今日新しいご縁がありました。皆さまに足をお運びくださり、ありがたい思いです。

玄関の間に韋駄天さんをはさんで、大黒さんと恵比寿さんがおられます。

じかに置くにはどうかと思い、台座の上にお祀りすることになりました。

このお寺が安穏となり、福をもたらすようにと願っています。