岐阜市に行き、金神社をお参りしました。
金色の鳥居は強いインパクトがあります。道行く人が真剣に拝んでいかれます。

樹木葬合同法要 動画

9月25日に開催された樹木葬合同法要の様子を、YouTube動画にてお知らせいたします。

動画の掲載が遅くなり、ご迷惑をおかけいたしました。

身の丈に合うこと。

3年前、「庫裡を建て直す。」と申し上げたところ、「身の丈に合ったことをしないといけない。」と言われたことを思い出しました。

スーツを着て出かけたところ、久しぶりにお会いした人に、「スーツがブカブカだね。」とご指摘を受けました。
10キロ減量したもので、身体に合っていなかったのです。3年前は、「幸せ太りなのか、ピチピチですね。」と言われた時と対照的です。

身の丈は、いつも変化し続けるものです。変化に合わせようとするには、時間のかかるものです。

樹木葬墓地の掃除と水まきをしていたら、日が暮れてしまいました。

今日もご見学がありました。皆さまお墓の悩みを抱えておられるようです。
皆さまがお越しくださり、お寺に住む者に励みになります。

台風が過ぎ去って、暑い一日でした。
午後から初めてのお客さまがお越しになりました。
お名前をお聞きすると、どこかで聞いたご苗字です。中学校の同級生のご両親で、私のことをよくご存じでした。

「お寺の子で、変わった子がいるね。」という思い出から、30年経って終活のことでお訪ねいただいたようです。

樹木葬墓地の合同法要を勤めました。
オンラインでの配信でしたが、墓前へのお参りのお客さまもお越しくださいました。
暑い中のご参列に感謝しております。

通信機器のトラブルがあり、ZOOMでご視聴いただいた方にはご迷惑をおかけいたしました。

動画は編集して掲載いたしますので、しばらくお待ちください。

台風が過ぎ去って、心地よい秋晴れの一日でした。


法事が3件ありました。お名前や戒名を間違えることのないようにと気をつけていました。
混乱することなく、無事に終わりました。

お彼岸のお中日であり、お墓参りのお客さまがお越しくださいます。
今日は初めてお越しくださる方がおられました。お声をおかけして、世間話をしていました。
気楽にお越しいただける雰囲気作りが大切ですね。

樹木葬墓地の掃除をしています。
明日はお彼岸のお中日で、お墓参りのお客さまがお越しになります。

ご見学のお客さまがお越しになりました。お墓のことばかりをお知りになりたいのではなく、ご葬儀を含めたことを安心して任せられるのかをご覧になっておられます。

「ご葬儀を含めた終活のできる限りのことをサポートさせていただきます。」とお伝えしました。お墓と葬儀をお寺にお任せくださることは、どれだけありがたいことでしょうか。

 

台風が過ぎると、気温が下がって秋の気配を感じます。

10年前の今頃、檀家さんではない方からお父様のお弔いを依頼されました。今では、どなたでもご依頼があればお弔いに出向きますが、当時としては異例のことでした。

当時は住職の他に、あるお役所でも仕事をしており、そちらでご一緒する方から、「桑海さん。お願いできないか。」と言われて、お引き受けしました。
病床にいた祖母はびっくりしていました。「おじいさんは長年教員を勤めていたが、同僚にお葬式を依頼されることはなかった。あんたにも人徳があるのか。」と驚いていました。

ご葬儀をお勤めして、その後年忌法要のお経をお読みしていましたが、本年の5月に、ご当主がお亡くなりになり、私がお弔いをさせていただきました。

10年という年月はあっという間に過ぎていきます。私を頼ってくださる方に支えられていることに感謝しております。