毎日のように、ネット会議で遠く離れたところにいる人とお話ししています。

幼い頃からあの空の向こうには何があるのかと思っていたものです。まさか遠く離れた人と対面でお話しできるとは予想さえしていませんでした。

桜の花が風に舞って散っています。
待っていたかのように、ツツジが咲き始めました。

永代供養墓には毎日のようにお花が手向けられています。

夕方の水まきを終えて空を見上げると、きれいな月が庭を照らしていました。

樹木葬墓地への新しいご縁がありました。この静かな雰囲気に多くのご縁があることに感謝しています。

故人がのんびりと過ごされているように、清めて行きます。

強い風の吹く寒い一日でした。風に背を押されるように、動き回っていました。
お弔いをしてお寺へ帰ると、桜が散り始めています。
永代供養墓に納骨を終えたとき、観音さまが微笑んでおられるようでした。

全国的に外出を自粛する中、お墓参りにお越しくださる方の絶えないのは、ありがたいことです。

先人の智慧と観音さまのお力で、早くこの世界が落ち着いていくことを、取り次いで行きます。

ドウダンツツジが青々としてきました。沈んだ雰囲気を忘れるような春の景色です。

方向を変えながら、枝垂れ桜を撮影しています。
よく咲いてくれたと感謝しています。

樹木葬墓地では、世間の喧騒を忘れるかのように、桜の花が咲いています。