一周忌

本堂で一周忌の法要がありました。昨年からご縁ができたお宅で、納骨堂をご利用いただいています。

こうして、うちのお寺を頼ってきてくださるご縁に感謝しております。

 

父の祥月命日

父が亡くなって35年が経ちます。
今日は祥月命日に当たり、お墓の前でお経を上げました。

 

父が亡くなった時は、何が不安であったのいつになってもわかりません。いまここで元気にやっていることを伝えました。

 

本堂に雨漏りがないかと見回っています。幸い雨漏りはなく、一安心です。
皆さまのおかげで安心してお寺を預かることができます。

樹木葬墓地

樹木葬墓地を、庭師さんに手入れしていただきました。
心地よい所になり、感謝しております。

 

昨日までの雨が上がり、雲一つない青空に包まれていました。
ゆっくりと本堂や庭の掃除をする一日でした。

終活カウンセラー

お弔いをする者として、ただ儀礼をするだけではなく、「残された人生をどう楽しく生きて後世につなげるか。」をお伝えしたいと考えていました。

終活カウンセラー初級検定を受けて、無事に合格しました。まだ初心者マークです。今後どうご縁のある方に終活を伝えるのか試されるところです。

燭台

燭台が修復されて戻ってきました。
経年の劣化により、接合箇所が外れていました。接合して元の姿に戻りました。

燭台の下のほうには、ご寄進くださった方のお名前が彫られています。先人の思いを後世に伝えることでもあるのです。

金木犀

鐘を鳴らしていると、よい香りが漂ってきました。樹木葬墓地で金木犀が開花していました。

本堂

本堂を修復して20年経ちます。
修復した時は、年中行事しか利用することのなかった本堂は、今では毎日のようにお客様がお見えになります。

 

 

住職になった頃は、将来的な展望などありませんでした。不思議なことに新しいご縁ができるのは、仏様のお力と住職に耐える力が養われたからではないかと思います。